グリーンマイルを知っている方にお伺いします。当時、私はパーシーへの世間の大バッシングが信じられませんでした。 『彼は看守兼死刑執行員でしたよね?死刑囚に厳しく接するのは当然では?だって死 … © 2020 MINORITY HERO All rights reserved. 『グリーンマイル』(1999)は泣ける映画や死ぬまでに観たい映画として、必ずと言ってもいいほど名前があがってくる名作です。 またスティーヴン・スピルバーグが観て4回泣いたというコピーにもなっていること ディズニー映画は多くの名シーンや名場面がありますよね。 それと同じようにたくさんの名言・名セリフを残してきました。 今回はさまざまな名言がた... 『ロッキー』シリーズの第1作となる映画『ロッキー』(1976)の魅力を登場人物と製作秘話とともに解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】. 『グリーンマイル』(1999)は泣ける映画や死ぬまでに観たい映画として、必ずと言ってもいいほど名前があがってくる名作です。, またスティーヴン・スピルバーグが観て4回泣いたというコピーにもなっていることからも、非常に良い作品であることは想像できます。, 死刑囚と看守というとっつきにくテーマの本作品ですが、どうしてここまでの評価を得ることができたのでしょうか。, 本記事では、『グリーンマイル』(1999)の感想・考察・タイトルの意味をネタバレを交えながら解説していきます。, 空を見上げるポールとジョン© 2012 Getty Images - Image courtesy, 主人公ポールは死刑囚の看守を行なっているが、尿路感染になってしまい苦痛の日々を送っていた。, ラストシーンでジョンが処刑されてから、ポールが生命をジョンから与えられていたというシーンがありましたが、正直あのシーンは必要なかったと感じます。, なにかテーマ性を持たせたかったようにも感じますが、ジョンが処刑されたシーンで、一気に映画に引きつけられるのに、その後のポールの語りがだらだらと続くので熱が覚めました。, 生命が与えられたシーンも何の意味があるのだろうかと感じてしまうシーンで、ポールの語りがなかったとしても過去の話だけでも十分完結していたでしょう。, 『グリーンマイル』(1999)はファンタジーとして描かれてはいるものの、話の展開の都合良さや設定の甘さを感じる部分もありました。, 看守は死刑囚を興奮させないように、手荒なことをしないようにしていますが、看守がとても優しかったのが気になりました。, また、死刑囚も全員の犯罪歴が語られていないので、作品を観ていると本当は優しい人ではないのかと錯覚してしまうほどでした。, もう少し犯罪歴など凶暴性を示したり、死刑囚と看守との距離感を持たせれば感情移入しやすい作品になったのではないでしょうか。, このシーンからバッドエンドだと感じる人はいるでしょうが、死刑の2日前ジョンは死にたがっています。, 世の中の悪い感情が理解できないジョンは、その事実に対して恐れと苦しみを感じていました。, また、ポールに関しても賛否両論あるでしょうが、寿命が伸びているのはジョンからの贈り物だと考えられます。, ポールのその後や感情については、多く語られていませんがミスタージングルスと一緒にこれからいろいろな経験ができるのは間違いないでしょう。, それを主人公ポールは看守長として見守る役目があり、数多くのグリーンマイルの人生を見てきました。, ポールはジョンから生命を与えられたことにより、気づいたことがあるのではないでしょうか。, ポールはラストシーンで、囚人ではないものの自分は今グリーンマイルに立っていると表現しています。, 本作品は死という期限がある人がメインで描かれていますが、人生は常に生から死への道。, 私たちは常に生きている時点で、グリーンマイルに立っているということを表現したかったのではないでしょうか。, 処刑前のジョン© 2012 Getty Images - Image courtesy, 『グリーンマイル』(1999)のネズミであるミスタージングルス役は、本物のネズミを使っています。, 本作品を制作するにあたって、ミスタージングルス役のネズミは30匹近くいるそうです。, 最後ではミスタージングルスは年老いたポールに世話をしてもらっていて、60年経った時でも生きています。, ポールの尿路感染症やパーシーに踏まれたミスタージングルスの怪我、ハルの奥さんの脳腫瘍を治しました。, 尿路感染症のポールに向かって、ウィリアムが股間を蹴ることを予期したのか、ウィリアムが入所してくる際に気をつけるようにポールに行っています。, また、ハルの奥さんを助けるときも、計画を話していないのになにをするのかわかっていました。, ウィリアムに触れられたジョンは感情を読み取って、悪い人だと感じることができました。, また、ポールに自分が持っているイメージを送ることで、ジョンが濡れ衣を着せられている犯罪の真犯人をイメージで伝えました。, パーシーはその後ボーッとして精神病院に入り、そのさいにはウィルアムを銃殺しています。, ジョンは悪いやつだから報いを受けたと、そうなることがわかっていて意図的に行っていました。, ポールはジョンに触れたさいに生命を与えられたと表現しており、実際にミスタージングルスは余命2年に対して60年近く過ぎていました。, これはデールの処刑のときに、パーシーがわざとスポンジに水を濡らさずに処刑を行ったことにより、なかなか命を落とすことがなく、火が上がるまでの残酷な刑になったシーンです。, 実は乾いたスポンジを使った例ではありませんが、このシーンに近い事件が実際にもありました。, 1983年にアメリカで行われた電気椅子の死刑で、電極がショートしたせいで電圧が足りず脳が焦げて、人体から火が上がるまでの死刑になったそうです。, パーシーは本作品で処刑の際にデールがすぐに死なないように、乾いたスポンジを使ったりミスタージングルスを足で踏みつぶしたリと、さまざまな無慈悲な行動をしました。, 俳優はダグ・ハッチソンというアメリカの俳優で、『アイ・アム・サム』(2001)など有名な映画にも出演しています。, 本作品では、性格が悪く臆病者という人として最低な役を演じきっていることにより、物語が抑揚あるものにしてくれました。, 本作品では、ジョンは何人もの死刑囚のグリーンマイルを目の当たりにし、最後には自分のグリーンマイルを歩み始めました。, ネズミのミスタージングルス© 2012 Getty Images - Image courtesy, ジョンの無実を知りながら、ポールはどうすることもできずにジョンの死刑は執行されてしまいます。, ポールから力の一部を与えられたことで、ミスタージングルスはあれから60年生きていて、ポール自身も108歳でした。, 『グリーンマイル』(1999)の登場人物はポールとミスタージングルス以外は死んでいます。, ネズミの寿命が約2年、そして人間の寿命が79歳だとすると、最低でも2370歳まで生きる可能性がある計算です。, 体は老いていくので、もしかしたら植物状態に近い形になるのかもしれませんが、ほぼ永久の命に近いのは間違いないでしょう。, 108歳のいまでも生きることにポールは苦しんでいるのに、これ以上生きるのはポールにとっては酷なことですね。, ミスタージングルスとポールはションから生命が伸びる力を与えられたことにより、死ぬことができず長寿になりました。, 作中ではこれがジョンからの贈り物なのか、それともジョンの処刑を止めることができなかった罪なのかという語りで終わります。, ポールは生きているのが辛いと作中語られていますが、これはジョンからの贈り物だと考えられるでしょう。, なぜなら、ジョンはミスタージングルス、ポール共に病気を治したり、怪我を治しているので、好意的に思っています。, また、ポールはジョンを使って上司の奥さんの腫瘍を取り除くなど、人を救うような動きをします。, ポールにジョンは世界を良くしてもらいたいという、期待も込められていたのかもしれません。, 粒子を吐き出すジョン© 2012 Getty Images - Image courtesy, 良い評価している人も、電気椅子のシーンはショッキングでトラウマになったという方は多くいました。, また本作品の構成についてジョンが死刑されてから、ポールの話が長くいらなかったというコメントもあります。, 私も同じくラストのポールの話は長いと思いましたが、語りベースで物語が進むので必要な演出だったのかもしれません。, また、電気椅子のシーンはたしかにトラウマですが、あえて中途半端ではなくショッキングな要素もしっかり映したことで、ジョンのラストシーンが涙なしでは観られないシーンになったのではないでしょうか。, 本作品の上映時間に関して、観たらあっという間だったというコメントが多くありました。, 物語の進行も基本刑務所で行われるので、あまり映像自体は代わり映えしないのですが、コメディの要素などが途中に挟まれているので、テンポもよく引きつけられる作品でした。, グリーンマイルを歩くジョン© 2012 Getty Images - Image courtesy, 不思議な力を持つ死刑囚が起こす奇跡を、体験した看守長を描いた感動の作品『グリーンマイル』(1999)。, 本作品は3時間の長編作品ですが、テンポよく物語が進んでいくので、ラストシーンまであっという間に過ぎていきます。, 電気椅子の処刑シーンなどショッキングな映像も流れますが、優しい気持ちやほっこりする体験も描かれているので、美しいシーンも多いです。, ショッキングな映像が苦手な方は、最悪処刑シーンは目を瞑っても物語自体は楽しめるでしょう。, 映画が好きなkanariyaです。洋画が好きなので洋画をメインにおすすめします。トム・ハンクス、ジム・キャリー出演の映画や、アンドリュー・ニコル脚本の作品が好きです。皆様に興味を持ってもらえるような記事を提供できればと思います。. 映画「グリーンマイル」の感想など(ネタバレあり) ≪あらすじ≫ 1935年。囚人舎房で看守を務めていたポールのもとにある囚人が送られてくる。彼との交流を深めていった看守たちは、やがて彼の罪を疑問視するようになるが・・・。 『グリーンマイル』とはホラー小説家スティーヴン・キングのファンタジー小説が原作で、1999年にアメリカで公開されたフランク・ダラボン監督の映画。トム・ハンクスなどの豪華キャストで製作された感動傑作で、2000年度のアカデミー賞で4部門にノミネートされている。 映画ファンではなくとも一度は観たことがある言わずと知れた名作『タイタニック』(1997)。 本作は、Filmarksの映画レビューサイトでは... 今回は釣りビジョンVODについて解説していきます。 釣り好きがVODを登録するにあたって気になるのは作品数です。 多くの大手VODは釣りの動... 【18禁】Amazonプライムビデオで観れるAV級にエロいアダルト映画おすすめ作品20選を邦画・洋画まとめて紹介!, 【泣ける家族愛】『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)の評価、社会問題を考察【あらすじ、感想、ネタバレあり】, 【自宅鑑賞に最適】雨の日・梅雨の時期に観たい映画の人気おすすめランキング10選を紹介!【名作・最新作】, 【徹底解説】『X-MEN ファースト・ジェネレーション』(2011)の考察と結末、矛盾していると言われる理由や評価とは?, 4回泣ける映画!?『コーヒーが冷めないうちに』(2018)の評価と感想【あらすじ、感想、ネタバレあり】, 泣ける感動映画『グリーンマイル』(1999)の考察! ネズミやスポンジ、パーシーの涙の理由を解説, ファンタジーとして描かれてはいるものの、話の展開の都合良さや設定の甘さを感じる部分もありました。, 性格が悪く臆病者という人として最低な役を演じきっていることにより、物語が抑揚あるものにしてくれました。, 時間を超えた家族愛、映画『インターステラー』(2014)の考察!タイトルの意味や”彼ら”正体、難しい内容を解説, 【魅力爆発!】スカーレット・ヨハンソン映画おすすめランキング15選【コメディからドラマまで】. グリーンマイルとは、死刑囚が人生最後に歩む、処刑台へと続く緑色の廊下のことである。主人公のポールは、死刑囚を収容する刑務所の看守である。ある日この刑務所には、身長2mはあるであろう、黒人の大男が収容されてくる。コーフィーというこの男は、双子の女児の強姦殺人という凶悪犯罪を起こしたとされていた。そしてこの刑務所では同時期に、知事の妻の甥であるパーシーという傲慢な男が新しい看守としてやってきていた。パーシーは、大男のコーフィーにも臆せず傲慢な態度で接していた … 『プライベート・ライアン』(1998)は第二次世界大戦時中、ライアンという兵士の救出作戦を描いた戦争映画です。 監督は巨匠スティーヴン・スピ... 映画館で観たい!!実話を元にした映画『タイタニック』(1997)【あらすじ、感想、ネタバレあり】. Netflixで配信中の『グリーンマイル』1999年(日本公開は2000年)のハリウッド映画Netflixで配信が始まったので何年かぶりに見てみました。忘れて… (517) グリーンマイル ... パーシーとデルはいがみ合っており、電気椅子によるデルの処刑の日、パーシーは、湿らせる必要のあるスポンジを乾いたままデルの頭の上に置き、処刑を長引かせてデルを苦しま … 映画「グリーンマイル 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。グリーンマイル のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは ヒューマンドラマ です。 『グリーンマイル』(The Green Mile)は、1999年のアメリカ映画。ジャンルはドラマ。. 映画グリーンマイルのパーシー役の俳優は誰⁈クズ演技がうまい! ポールはひどい尿路感染症を患っていましたが、大男が不思議な力を使うと、尿路感染症は治ってしまいます。 この力を持つのが辛いのだ … 『グリーン・マイル(The Green Mile)』は99年の米映画。 ジャンルはヒューマンドラマ、SF。 スティーヴン・キングの同名感動作の実写映画化作品で、人を癒やす超能力を持つ囚人と、看守達の触れ合 … どうもきいつです ドラマ映画「グリーンマイル」観ました スティーブン・キングのよる同名小説を映画化した1999年の作品1935年大恐慌時代の死刑囚が収容されている刑務所を舞台に不思議な力を持つ囚人と看守たちとの交流が描かれます 監督は「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボ … AV定額見放題サービスおすすめ6選を徹底比較。アダルト動画配信で人気のVODをランキング形式で紹介, 【徹底レビュー】U-NEXT(ユーネクスト)の特徴とは?口コミや評判、人気のコンテンツ・おすすめ作品を解説【無料トライアルあり】, 【2020年版】動画配信サービスおすすめ9選を徹底比較!月額で見放題なVODをランキング形式で紹介, Disney+(ディズニープラス)のメリット・デメリット、口コミ・評判、コンテンツ一覧を徹底解説【マーベル・スター・ウォーズ好き必見】, 【徹底レビュー】U-NEXTアダルトの特徴とは? 口コミ・評判、月額料金やメリットH-NEXTとの違いを解説, 【号泣必至】『最高の人生の見つけ方』(2007)の考察とラストの解説!泣けると言われる名作の魅力とは?, 【つまらない?】映画『ロケットマン』(2019)の考察と楽曲の解説!海外の評価や楽曲の意味や事実・実話との違いとは?, 【実話?】『シング・ストリート 未来へのうた』(2016)の結末と考察!つまらないという評価やモデルの解説, 【怖い実話】『シンドラーのリスト』(1993)事実と現実の違いの解説と赤い服の少女、最後の花の意味を考察, 映画『はじまりのうた』(2013)の考察と解説!最後の”兄ジムに捧ぐ”意味や撮影現場での実話とは?, 映画『沈黙 -サイレンス-』(2016)が怖い理由、海外の評価とは? 宗教と信仰、神やキチジローの存在意義から紐解く. グリーンマイル 1、なぜパーシーはみんなから忌み嫌われていたのでしょう? 2、ポールはなぜパーシーが叔母に告げぐちしたらお前が今までしたことも 全部叔母夫婦にばらすぞと脅しをかけたの? 35-15:名無シネマさん :2008/05/17(土) 21:15:22 ID:PcBrrZRB 「グリーン・マイル 」 ... 看守の言葉に救いがありました。受刑者ドラクロアが処刑された時、悪看守のパーシーが彼に向かって侮蔑の言葉を投げかけますが、その時、看守の一人が「すでに彼は罪を償った … い映画だけど最後まで引き込まれる ラストはちょっと怖い?, 映画「青くて痛くて脆い」感想 愚かで見苦しいけど 青春なんてこんなもの, 映画「遊星からの物体X」(1982å¹´)感想 やっぱり造形のセンスが素晴らしい, 映画「ペット・セメタリー」(2019å¹´)感想 前のほうが良いと思う部分もあれば今回のほうが良かった部…, 映画「ターミネーター3」感想 評判ほどは悪くないと思う, 映画「エミリー・ローズ」感想 ちょっと中途半端な映画, 映画「人数の町」感想 設定は面白いけど…, 映画「魔女がいっぱい」感想 アン・ハサウェイがなんか面白い, 映画「トータル・リコール」(1990å¹´)感想 やっぱり好き 全部好き, 映画「真・鮫島事件」感想 アイデアは面白いけどそれだけかな…, 映画「ホモ・サピエンスの涙」感想 不思議すぎる映画 これはもはや絵画, 映画「STAND BY ME ドラえもん2」感想 エピソードがバラバラでなんかよくわからん, はてなブログをはじめる(無料). 『グリーンマイル』で一番グッときたポイントは「嫌なヤツは嫌なヤツほど盛り上がる」 とことん嫌なヤツであるパーシー。彼を演じたダグ・ハッチソンの演技はお見事! 最高に嫌なヤツというのは、物語を盛り上げる絶妙なスパイスとなってくれる。 2000年3月公開 監督:フランク・ダラボン 同名のスティーヴン・キングの小説を原作としたヒューマンドラマ。 キング&ダラボンのコンビによる映画作品は、「ショーシャンクの空に」に続き2作目。 (3作目として、日本では2008年公開の「ミスト」があり) 主演にトム・ハンクス。 1976年の公開以来、世界中の人々に感動を与え、今なお新作が作られ続ける『ロッキー』(1976) シルヴェスター・スタローンが脚本を執筆し、... 映画『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』(2001)は原作に劣らない名作!! 登場人物一覧と内容の解説と考察【あらすじ、感想、ネタバレあり】. 上記の小説を原作とする。トム・ハンクス主演。 フランク・ダラボン監督。 2000年のアカデミー賞では音響・脚本・作品賞、マイケル・クラーク・ダンカンはアカデミー助演男優賞にノミネートされた。 突然グリーンマイルに現れた利口なネズミ。デルによく懐いている。一時パーシーに踏み潰されたがコーフィに治してもらう。 原作ではミスター・ジングルスは死亡するが、映画版はその後ポールによって飼育され、長生きをする。 映像化不可能と言われてきたJ・R・R・トールキンによるファンタジー文学の最高峰『指輪物語』。 初めて完全映画化に挑んだピーター・ジャクソン監... なぜライアン二等兵を救出するのか?『プライベート・ライアン』(1998)の意味や評価を考察. グリーン・マイルとは、獄舎から電気椅子へとつながる色あせた緑色の床の通路のこと。 全編3時間9分という長編作品。 エピローグとエンディングの老人施設を除いては、ほぼ全編、死刑囚が収容されている刑務所の中が舞台。