弦を押さえる指も大事ですが、重要なのは押さえる側の親指の位置にあります。 これが意外と見落としがちなので、自分の親指がどの位置にあるのか一度確認してみて下さい。 親指の位置で、クラシックフォームと握り込みフォームの2種類に分けることができます。 ベースの演奏方法で、特に弦の弾き方は大きく分けると2つあります。それは「ピック弾き」と「指弾き」です。 文字通りベースをピックで弾くか指で弾くかの違いですが、何となく「指弾き=難しい、上級者向け」「ピック弾き=簡単、初心… 続きを読む ベースを始めるにあたり、手が小さい・指が短いなどで悩んでる方、結構多いんじゃないでしょうか?確かにベースって ギターと比べるとネックは長いし弦は太いので運指は大変。でも大丈夫。工夫次第でなんとでもなります。今回は 手が小さい人・指が短い人で ベースを独学でするために、下記の3ステップで考えてみました。 まずは始めてみる; 基本的な奏法を知る(弾き方を覚える) 様々な練習方法で実践する; それでは、それぞれ解説していきます。 ステップ① まずは始めてみる /* */, 弦がしっかりフィットすることによって、固定します。しかし、長年の蓄積による摩耗や、そもそもの作りが雑ということによって、弦とのスキマでビビる, 弦を変えた直後になるケースでは、数日間様子を見ることで、改善される可能性があります。, ネックとボディーのつなぎ目である、ネックジョイント部分からネックが持ち上がってしまうこと. 楽器をやっている人ならやっぱり技術だけでなく見た目にも気を使いたいもの。そこで今回はかっこいい、かつ上手く見えるベースの弾き方をまとめていきます! ベースの指弾きで爪が当たる?危険な4つの理由と対処法! ベースシールド・ケーブルとは?初心者は無知で損している! ちゃんとわかってる?ベース弦の種類とおすすめの選び方! ベースのピック弾き!持ち方・弾き方・手首のポイントを解説 「ベースが弾きにくい」のは元から!?実は新品のベースは弾きにくいセッティングで売られています。ベースを買ったら適切なセッティングにしなければいけません。市販のベースの実態を解説!