国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。 16 (2004)年、平成19(2007)年、平成22(2010) 年、平成25(2013)年、平成28(2016)年(大規模調査年))の世帯票、健康票、介護票 の結果を用いて、集計・分析を行った。 国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。 3年に1度の大規模調査の結果. 2020(令和2)年国民生活基礎調査は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から中止します。 調査についてご質問等がある場合には、最寄りの広域健康福祉センター、宇都宮市保健所又は県健康増進課(028-623-3094)までお問い合わせください。 (「分類」の凡例: 高齢者対策総合調査、 政策研究調査、 高齢化問題基礎調査) 年 分類 調査名 調査結果; 令和元年: 高齢者の経済生活に関する調査 New! : 概要版: 全体版: 平成30年: 高齢者の住宅と生活環境に関する調査 厚生労働省が27日、平成28年度の国民生活基礎調査の結果を発表しました。それによると、介護が必要となった主な原因で、認知症が初めて1位になったことが明らかになりま … 資料:厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成28年)(同調査における平成27(2015)年1年間の所得) (注1)高齢者世帯とは、65歳以上の者のみで構成するか、又はこれに18歳未満の未婚の者が加わった世帯をいう。 参考表 平成25年調査(前回の大規模調査)との比較----- 47 用語の説明 ----- 56 平成28年国民生活基礎調査の結果は、厚生労働省のホームページにも掲載されています。 国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。 厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成. 介護福祉国家試験で以下のようなかんじで出題されています。 「2016年(平成28年)国民生活基礎調査」(厚生労働省)による世帯状況に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。 資料:厚生労働省「国民生活基礎調査」(平成25年) (注)主な介護者の年齢不詳の者を含まない。 介護を受けたい場所は「自宅」が、約男性4割、女性3割、最期を迎えたい場所は「自宅」が半 数を超える 平成25年国民生活基礎調査(介護票) 新旧対照表(案) 現在と1年前の年月を更新する。 質問3 調査日現在の要介護度の状況と1年前の要介護度の状況をお答えください。 あてはまる番号1つに をつけてくだ …