お通夜に参列した際に、式が始まる前に故人との対面を勧められることがあります。 たくて、かさかさしていて、とても硬かった。どちらかというと人形 … 今回は、ご家族のご遺体を自宅等へ搬送した後の「ご遺体安置後の注意点」をお話しします。 お通夜まで自宅で遺体を保存管理する注意点と同じ部屋に寝てはいけない理由|仏事のいろは(浄土真宗)と暮 … 【1ページでまるわかり】葬儀に移るまでの間、遺体を一定期間どこかに安置しておく必要があります。ここでは犬の遺体の安置の仕方について細かく解説します。 病院から遺体を搬送してもらう段階で、葬儀社に依頼しなければなりません。 5.病院での納棺をする. リーマンさん田舎では通夜後から寝ずの番をします。 ... 私は、伊勢白さんの『q&a辞典』で、厳禁とされている棺桶のなかの「遺体の写真を撮る、ご遺体に触る」ことをしてしまいました。 半年以上前のことですが、夫の遠い親戚の方が癌で亡くなりました。生前は2~3度お会いし(といっても挨拶をかわした程度)ですが、亡くなったかたのご両親が、本人が若くして亡くなったため「たくさんの方にきていただきたい」と希望さ »ã„や写真撮影など気をつけるべき点はあるのでしょうか。ご遺体のお通夜・葬儀までの流れや、ご遺体との接し方について詳しく説明をしていきます。 通夜は、 葬儀・告別式の前にご遺体を見守る儀式 です。本来は親族や親しい人が一晩中、明かりを絶やさずにご遺体を見守っていました。近年では弔問客を招き、僧侶の読経を行いお別れする形式も増えています。 葬式や通夜のものって使い回しですよね。感染症の有無は病院も守秘義務から葬儀屋に言わないそうです。肝炎などの感染症がある遺体は病院で綺麗にしたところで見た目だけで体液血液など拭いてしまえばどこについていたかわかりませんよね 「ご遺体や葬式(通夜/告別式/葬儀)の様子を、写真やスマホやデジカメで撮影して良いものか? 時々この様な質問を受けます。 スマホやデジカメの普及によって、誰でも手軽にキレイな写真が取れる時 … 5. 通夜. 経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 祭壇に遺体を安置. また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。 遺体と対面する時. 遺体を触る事がいけない、何か特別な理由がある事例はありますか? わたしは今まで言われた事がありません。 友人の夫婦仲が良くなかったせいか、どうしても悪い方にかんがえてしまいます。 どうか回答をお願いいたします。 お葬式で遺体に触ることについて…(Girls Talk) 夫側の祖父が亡くなって葬式に参列したときに、最後のお別れのとき家族が顔を撫でていました。それはいいと思うのですが、近くで見ていた私に義父が「触ってあげて」と言って […] 私は妊娠中祖母のお通夜と葬儀に出ました。 鏡は母に言われて、腹帯の中に入れておきました。 お骨拾いや遺体を触るなとは言われなかったので、めっちゃ祖母の顔とか触りましたし、お骨拾いもしました。その上、口紅とか塗りましたよ。 期間保存する技術で、専門の資格を持った技術者、エンバーマーが消毒、防腐、修復、化粧といった処置を施します。 施術は湯灌(ゆかん)のように立ち会うことはできず、施術にかかる時間は2~3時間程度となっています。 北米では一般的で、エンバーマーも … お通夜で故人の遺体に対面するときは、マナーを守るようにしましょう。 遺体と対面する際のマナー. 故人が亡くなるとお通夜や葬儀を行いますが、ご遺体は安置から葬儀までどのように過ごすのでしょうか。また、参列する場合は付き添いや写真撮影など気をつけるべき点はあるのでしょうか。ご遺体のお通夜・葬儀までの流れや、ご遺体との接し方について詳しく説明をしていきます。, 故人が亡くなると、お通夜や葬儀を速やかに行います。お通夜や葬儀の流れはなんとなく分かりますが、故人のご遺体はこの流れの中でどのように過ごすのでしょうか?故人の親族や身内など親しい間柄であれば、少しでも長く寄り添い、別れを惜しみたいです。今回「終活ねっと」では、ご遺体の安置から葬儀までの流れについて、下記の内容を中心に解説していきます。, 一般の参列者としてお通夜や葬儀に参加しただけでは、なかなかご遺体の流れまでは分かりません。突然のときに慌ててしまわないように、今回の記事を最後まで読んでいただき、理解を深めておくことも終活のひとつです。, 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。, 葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。, また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。, 想像したくはないですが、今は元気な方であってもいつか人は亡くなります。自分より年配の親族であれば、最期を看取る場合もあるでしょう。関係の近い親族であれば喪主を務めたり、葬儀を仕切ることもあるでしょう。臨終を迎えた後、どのような流れでご遺体は火葬されるのでしょうか?喪主などの経験がなければ、なかなか知る機会もありません。突然の訃報に慌てないためには、事前に確認しておくことが大切です。臨終から火葬までの一連の流れについて説明をします。, 近年では、最後の瞬間を病院で迎える方が多いです。また、ご自宅などで亡くなられた場合でも一度病院へと運ばれる場合がほとんどです。辛いことではありますが、故人が亡くなられた瞬間から、葬儀の対応が始まります。, 死に水とも呼ばれる儀式で、あの世で喉が渇いて苦しまないようにとの願いを込めて、故人の唇を潤す儀式です。故人との縁が近い親族から順番に水を含ませたガーゼか、新しい筆の穂先を使って、故人の唇を潤します。これは仏教で広く行われている儀式ですが、浄土真宗の場合はこの儀式は行いません。, 遺体の身を清めるために、お湯やアルコールで身体を拭きます。そして口や鼻、耳などにガーゼなどを詰めます。身体を清めた後は、浴衣や故人が好きな服装へと着替えます。, ご遺体の髪形を整えて、男性であれば髭剃り、女性は薄化粧をして生前の元気な面影に近づけます。病院では死化粧まではやってくれませんので、ここからは遺族が行うか葬儀社にお願いをします。, ご臨終後のご遺体の処置が終わると、ご遺体を安置します。病院には霊安室があり、一時的に安置されますがその後の安置先を決めなければなりません。これ以降は病院ではなく、遺族が中心となり葬儀社と直接やり取りをすることになります。ご遺体の安置場所はご自宅か、そのまま葬儀場へと搬送する場合もあります。遺体の安置場所が決まったら、葬儀社によって搬送されます。搬送先に付いたら、ご遺体は布団へと安置をします。このとき、ご遺体は北枕にして安置をします。北枕とは頭を北の方向に向けて寝かせることです。北枕の由来は、お釈迦様が入滅した際に北の方角に頭を置いたこととされています。, ご遺体の搬送の手続きが済んだタイミングで、近親者に連絡を行います。早めに連絡をしておくことで、ご遺体の搬送先に早めに行きやすくなります。また、万が一故人の宗教や宗派などが分からない場合は、このタイミングで近親者に確認しておきましょう。宗教や宗派によっては、ご遺体の安置の仕方やお葬式の段取りも違いますから、しっかりと確認しておきましょう。以下の記事ではお通夜の連絡について詳しく説明しています。ぜひご覧ください。, 家族が亡くなったら周囲の方にお通夜の連絡をする必要があります。どんな方法で誰に伝えるべきなのかわからない方も多いのではないでしょうか?今回は、お通夜の連絡をするタイミングや連絡手段、さらにお通夜の連絡をメールで受け取ったときの返信方法についてもご紹介します。, 近親者への連絡と同時に、檀家となっている菩提寺があれば連絡をしましょう。この時、ご遺体の安置場所と到着する予定時刻も同時に伝えます。住職や僧侶に安置場所まで来てもらい、枕経という儀式をしてもらうためです。枕経(まくらぎょう)とは、ご遺体の側でお経を読んでもらう儀式で、故人が亡くなって始めに行われる仏事となります。このときの服装は遺族でも平服で良いとされています。, 葬儀社へは、ご遺体の搬送を依頼するタイミングで連絡する場合が多いです。そして、搬送先で僧侶が到着するまでの間に打ち合わせを行いましょう。主に下記の内容について打ち合わせを行います。, 僧侶が到着し、枕経が終わったら納棺となります。納棺を行う前に、湯灌(ゆかん)と言って、故人の身体を洗って清める儀式を行う場合もあります。また最近では、湯灌までは行わず身体を拭く清拭で済ます場合もあります。湯灌や清拭が終わったら、死装束を着させます。死装束とは白の準礼装で、旅立ちの装いですが、最近では故人の好きだった服装を着せる場合もあります。続いて、納棺となります。遺族の手によって遺体を棺へと納めて、合掌を行なってからふたをします。この時、故人の好きだったものなどを一緒に棺に入れることが出来ます。, 葬儀場などの都合によりますが故人がなくなった翌日~1週間程度でお葬式の儀式が行われます。お葬式の1日目の夕方からお通夜は行われます。お通夜は元々、親族や身内が遺体の側に夜通し付き添って別れを惜しむ儀式でしたが、近年では夕方の時間帯という参列のしやすさから、一般の参列者も多く集まる儀式となっています。お通夜の翌日に葬儀・告別式が行われます。葬儀と告別式は本来別々の儀式ですが、最近では一連の流れで行われます。葬儀では故人の冥福を祈り、告別式では故人と最後のお別れをします。告別式が終わると、火葬場へと向かい遺体は火葬されます。火葬場へ同行するのは、親族や身内のみです。火葬が終わると収骨で、遺族や身内が故人を骨を拾い上げていきます。収骨が終わると、骨壺はご自宅へと遺族は持ち帰ります。, お通夜とは、名前の通り夜を通して遺体に付き添い、故人との別れを偲ぶことを目的として古来より行われてきた儀式です。現在のように医療技術や遺体の保存技術が発達していなかった昔は、夜通し付き添うことで改めて死亡を確認し、また一晩中お香を焚くことで腐敗を防ぐという現実的な目的もありました。技術が発達した現在では、朝まで付き添う必要は無くなってきています。しかし近親者や身内であれば、少しでも長く側で過ごしたいと思うでしょう。現在でも朝まで遺体に付き添うことができるのでしょうか。, お通夜の後に、ご遺体に朝まで付き添えるかどうかは葬儀場によって違います。宿泊して朝まで付き添う方が減っている、防犯面から夜間は閉館としている葬儀場が増えていることなどから付き添わない場合が多くなっています。付き添いを希望している場合は、事前によく確認しておきましょう。, また、宿泊ができる場合でも、家族のみや人数の制限があるところもあります。他にも、付き添いができてもお香を焚くことが出来なかったりなどの条件がある場合もあります。また、しっかりと眠れる布団や寝具がある葬儀場も少ないので、場合によっては近隣のホテルを利用する場合もあります。事前によく葬儀社と相談して、参列者に対して失礼のない対応をしましょう。以下の記事では故人の最後の晩に一緒に泊まる際の注意点について説明しています。ぜひご覧ください。, 葬儀・告別式の前日に行うお通夜では故人のそばで一晩中過ごす風習があります。今回の記事ではお通夜の晩に葬儀場に泊まりをするケースについて、いろいろな角度から解説いたします。どなたが泊まるのか、また泊まりの際の服装や持ち物など、お通夜の晩の宿泊についての情報です。, 最近では、カメラを持っていなくても携帯やスマホに必ずと言っていいほどカメラ機能が付いていますので、どこでも気軽に写真を撮ることが出来ます。お通夜などの場で、故人との最後の思い出に写真を撮っておきたいという方もいるでしょう。しかし、いくら最後のお別れとは言え、ご遺体を写真で撮っても良いものでしょうか。ご遺体の写真撮影について説明します。, ご遺体の写真を撮る場合は、事前に写真を撮って良いかを遺族に確認しましょう。このとき、葬儀社の方ではなく喪主、もしくは遺族に確認します。いくら故人のお別れとはいえ、遺族からすると大切な方のご遺体を勝手に撮影されては気分の良いものではありません。最近ではSNSなどですぐに写真が拡散する恐れもあります。撮影者にその意図はなくとも、ご遺体をスマホなどで撮影している姿を見れば、大変不愉快に思う方もいらっしゃいます。くれぐれも勝手に撮影することのないようにしましょう。, 遺族の許可が出ている場合は、基本的には撮影しても問題ありません。ただし、許可がある場合もむやみな撮影は控え、必要最低限にとどめましょう。また、葬儀によっては撮影を禁止している場合もありますので、その場合はルールに従いましょう。, 遺族が撮影を許可する場合、どのような理由があるでしょうか。生前故人が写真を撮られるのが好きだったり、または葬儀の様子を記録として残しておきたかったりする場合もあるでしょう。このように、様々な理由があって許可をしていますので、遺族の気持ちに配慮した撮影をしましょう。, 写真を撮影する場合も、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。遺族の許可があった場合でも、ご遺体を写真に収める様子を見て、不快に感じる方もいるでしょう。撮影する際には出来るだけ目立たないよう、必要最低限な撮影を心掛けましょう。, 葬儀場に撮影禁止などの張り紙やアナウンスがなく、遺族からと何も言われてない場合もあるでしょう。そういった場合には、撮影をしても問題ないでしょうか?, 禁止もされていないが、許可もない場合には撮影は控えるべきです。お通夜や葬儀の際に、撮影されることを前提として考えている遺族は少ないです。まさか撮影されるとは考えていないため、あえて禁止と案内していないだけですから、勝手に撮影することはやめましょう。, 禁止も許可ない場合、撮影を希望するのであれば必ず遺族に許可を取りましょう。ご遺体の撮影は、あくまでも遺族の許可があった場合にのみ可能であると心得ておきましょう。, 地域によっては、葬儀は普段なかなか集まることのない親族が一同に会する場であるとの考えから、葬儀社やプロのカメラマンが集合写真を撮る場合もあります。他にも、葬儀や祭壇の様子、参列者を記録に残すために撮影をする場合もあります。これらの場合は当然ですが、喪主や遺族から依頼を受けて葬儀社が撮影していますから、問題ありません。逆に言えば、葬儀社の方が撮影しているからと言って、参列者が撮影をしても良い訳ではありません。個別に撮影をする場合には、やはり許可が必要になりますので注意しましょう。, では、撮影ではなくご遺体を見ることは出来るでしょうか?お葬式は故人との最後のお別れの場で、お葬式が終われば火葬となりますからお顔を見る最後の場でもあります。生前のお元気だった姿を目に焼き付けるためにも、最後にお顔を見たいと思い方は多いでしょう。お葬式で、ご遺体見るのは失礼にあたらないでしょうか。, 遺族から「ぜひ顔をみてあげてください。」と促されたら、遺族の気持ちを汲み取って出来るだけ対面するのがマナーです。ただ、どうしても抵抗がある場合は、「また気持ちの整理がついていないので。」などと正直に気持ちを伝えてお断りすることも可能です。, 故人が棺に納められている状態で対面するときは、まず顔の下あたりの位置で正座をして、一礼します。棺の扉が開いている場合はそのまま対面し、閉まっている場合は遺族があけてくれるのを待ちましょう。棺には手をふれないようにしましょう。対面の際では、合掌をして一礼を忘れないようにしましょう。, 故人が棺ではなく、お布団に安置されている場合もあります。その場合は、枕元より少し下がったあたりで正座をして深くお礼をします。ご遺体の顔には白い布がかかっていますが、遺族が外してくれるのを待ちましょう。棺に手を触れないのと同じように、白い布には触らないようにしましょう。対面の際は、同じく合掌して一礼をします。, ご遺体と対面するとき、故人や棺に触らないのがマナーです。他にも、対面の際には気をるつけるべきことがあります。, ご遺体との対面は遺族から促された場合のみに行います。参列者の側から、対面を申し出ることは控えましょう。事故などで亡くなった場合などでは、ご遺体が傷ついている場合もあるからです。, また、亡くなったときの様子や原因について聞くのはマナー違反です。遺族に対して辛い気持ちを思い出させることになりますし、あまり長々と話し込んでしまっては次の参列者が待っている場合もありますので控えましょう。, これまで説明してきた通りご遺体との面会の際には、故人に触らないのがマナーです。ですが、近親者やお世話になった方であれば、手を握ったり、顔に触れたりと最後に触れたくなることもあるでしょう。ご遺体に触ることはマナー違反になるのでしょうか。, ご遺体に触れることは、遺族の了承があれば問題ありません。遺族の気持ちになって考えてみれば、最後の別れを惜しみ、顔を見てもらうだけでなく遺体に触れてまで故人を偲んでくれているのは、大変嬉しいはずです。故人に対する気持ちを正直に伝えて、遺族の了承をとったうえで触れるようにしましょう。, ただし、遺体の状態が良くないときは注意が必要です。事故などで遺体が傷ついている場合や、感染症などの疑いがある場合もあります。こういった状態のときに遺族に申し出てしまっては、かえって遺族を困惑させてしまいます。状況によっては、ご遺体に触れるのは控えるようにしましょう。, いかがでしたでしょうか。今回「終活ねっと」では、ご遺体の安置から葬儀までの流れについて下記の内容を中心に説明をしてきました。, 故人が亡くなった後は、葬儀社や親族、菩提寺などに連絡をして、ご遺体の安置を行い、必要な儀式を行って納棺する。その後お通夜・葬儀・告別式と順次行い、火葬場へと向かう。, お通夜は本来ご遺体に夜通し付き添う儀式であったが、最近では宿泊できない葬儀場も増えており、希望する場合は葬儀社と相談する必要がある。, ご遺体を撮影する場合は、事前に遺族の許可をとって撮影する。また撮影をする場合も、周囲の配慮をしてむやみに撮影をしない。, ご遺体に対面するのは、遺族にすすめられた場合のみ行う。対面する際にはお悔みの言葉をかけ、長々と余計な話をしない。, ご遺体に触れる場合は、遺族に了承をとる。ご遺体の傷ついている場合などは、状況によって控える。, お葬式の際ご遺体がどのように安置されるか、またお葬式に参列する際のご遺体への接し方などは、経験するまでは分かりづらいことも多いです。突然の葬儀に慌ててしまわないように、今回の記事の内容を参考にして頂ければ幸いです。「終活ねっと」では他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。以下ではお通夜の流れについて詳しく解説をしていますので併せてご覧ください。最後までお読みいただきありがとうございました。, 亡くなってからまず始めに行われるお通夜。葬式の前日に行うことが多いのですが、参列をした事がない方はお通夜では何をするのかご存知ないかと思います。今回終活ねっとでは、お通夜では何をするのか解説をしていきますので、ぜひ参考にしてください。, 安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。 ±ãä¸€ç¤¼ã™ã‚‹ã€‚, 枕元から少し下がり、遺族へ一礼する。. 東京都港区で創業60年の歴史と実績、葬儀・お葬式・家族葬なら、葬儀の窓口「第一社」(だいいちしゃ)にお任せ下さい。想いを形に、心に残るセレモニーをご提供。安心かつ良質なサービスを心がけています。24時間365日ご対応、お気軽にご連絡ください。 とウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、 その手で口や鼻等を触ると粘膜から感染します。 納体袋について 遺体は、感染管理の観点から非透過性納体袋に収容することを推奨し … ョンを聴いて、私は涙が止まりませんでした。 あわせてご覧ください。, お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。, 冬の寒い日にお通夜に参列するとき、コートを着ていく方も多いでしょう。お通夜の会場ではコートを脱ぐからといって、どんなものを着用しても良いというものではないのです。そこで、今回はお通夜にふさわしいコートや冬の服装について、徹底的に解説します。, お通夜の際、どのように挨拶してよいのか困った経験はありませんか?お通夜での挨拶には様々なマナーやルールがあります。そこで、今回はお通夜での挨拶を参列者と喪主の立場別にご紹介します。また、マナーや例文についても解説します。, お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回「終活ねっと」ではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。, お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。, 訃報を受けてお通夜に駆けつける時、どのような格好で参列したら良いか迷うことがありますよね。また冬の寒い時期のお通夜の格好がわからないという人も多いのではないでしょうか。間違えた身だしなみで参列して非常識だと思われないためにも、正しい服装を理解しましょう。, お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。, 通夜振る舞いと呼ばれるお通夜の食事は、お声がけを頂いた後にどうすれば良いのか悩むことも少なくありません。お通夜の食事ではどのような点に注意すれば良いのか、守るべきマナーやふさわしい対応などについて、詳しく解説していきます。, 大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。, 突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。, 葬儀を執り行う際に気になるのが費用について、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、内訳、葬儀の費用を抑える方法など、よくある疑問を中心に葬儀の費用について、様々な情報をご紹介します。, 家族葬の費用は一体どれくらいなのでしょうか?また、一般葬とはどれぐらい費用が異なるのでしょうか?家族葬と一般葬を比較しつつ、家族葬の内訳やさらに金額を抑えたい時の方法など、家族葬の費用に関する様々な情報を紹介します!, これまで一般に行われてきた葬儀は、お通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし近年、式を行わずに火葬だけをする直葬が注目されています。直葬には普通の葬儀よりも費用を抑えることができるメリットがあります。では直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?, 親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!, 時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。, 生前故人が写真を撮られるのが好きだったり、または葬儀の様子を記録として残しておきたかったり. 親族の方が亡くなった方の顔・体を触って、故人を慰めるという行動を良く見ることがあります。通常ではそんなに問題ないケースがほとんどなのですが、たまに気をつけなけ… 遺体は公衆衛生上、必ずしも安全ではありません。できれば白衣を着用するなど、専門家としてきちんと取り扱います。しかし、どのような遺体も尊厳は守らなければなりません。 さいたま市 葬儀 ひかり会館での御葬儀・お葬式や家族葬を 適正な価格でこだわりあふれる自由な葬儀を提供する、お坊さんのいないお葬式の「コラム」のページです。新たな葬儀のカタチである想送式では、ご遺族や参列者の方が故人との最後の時間を大切に過ごすためのお手伝いをいたします。 通夜で遺体に触る・対面するときの注意点. 終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。 故人との対面は、遺族にすすめられた時のみ行います。誰でも対面して良いわけではありませんので、遺族から促されなかった場合は、遠慮するのが礼儀です。遺族に対面を促されなかった場合は、遺族へ一礼し、故人へは合掌します。 医療機関内での※非透明過の納体袋へ収納し、密封し消毒後お棺に納棺しさらに消毒をいたします。 通夜の流れ 下記のような流れで通夜は行われます。 受付を行う 遺族・参列者着席 僧侶が入場して通夜が始まります。 僧侶が読経を始めます。 焼香を行う 僧侶退場 喪主の挨拶 通夜振る舞いを行って通夜が終 4. 葬儀社に遺体を搬送してもらう.