自治体関係者の方に無料配布しております。, 自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。. ・衛星やドローンによるリモートセンシングデータをAIで分析し、調査を行うことで空き家を検出する単価1件あたり現地調査の最大100分の1程度になることが期待される, ・ドローンを活用したニホンザルの追い払い実証実験 ・目視外補助者有り飛行により実施, ・中山間地域における買い物弱者支援と地域経済の振興を図る目的 2020年8月、長野県伊那市は、ドローンを活用した買い物サービス「ゆうあいマーケット」をスタート。その背景にはkddiのスマートドローン技術がある。実際に買い物を体験した利用者や、自治体の担当者、kddiの担当者に話を聞いた。 ・ドローンを配送手段とする薬局の開設、ドローンポート付荷物収納BOXの運用開始、 ・片道1km(高低差350m)を5分で飛行 ・地域住民の生活の質の向上に寄与できる仕組みの実現を目指す ・地域住民や地元企業と連携し、ドローンを用いた新たな物流システムを構築 【実証実験の事例概要あり】自治体のドローン活用における課題と取組事例, 次世代の新技術・新産業として多くの自治体がドローンに注目しています。ドローンの利活用法や産業活性化のあり方とは? ・被害対策の新たな手段として「ドローン」を活用した追い払いについて効果を検証 ・写真解析技術を用いて3次元モデルを作成し劣化状況が正確に把握できるか検証, ・果実の受粉作業を手作業からドローンによる自動散布に代替できないか検討 ドローン活用は 地方からはじまっている. ・少子高齢化や過疎化が進み日常の買物が困難な地域での生活を守るため、ドローン物流の実現による課題解決を目的 ・ムクドリが集まる街路樹の周辺にドローンを飛行させムクドリの追払い効果を検証 ・市内中山間部をなどの地域に居住する高齢者・外出困難者に対し、栄養改善・確保を目的とした食事療養食の調理・宅配を実施している ■事例③【農林業+観光】あきる野市(東京都) COPYRIGHT © 2020 ISHIN All Rights Reserved. ・東空運第7757号、東空検第3463号 ・ドローンとAIを活用した物流システムを検証 ・「審査要領」に基づき国で初めてとなる目視外補助者無し飛行により実施 ・中山間地域内におけるドローンを活用した荷物配送の仕組みを構築する事業 ・橋梁点検を支援する技術の有効性と課題について検証 ・医療資源の限られたへき地・離島部等の地域住民の生活を支える新しい医療インフラを構築するために活用していく ・ニホンザルの群れの効果的な追い払い方法の模索 ・今回の実験におけるドローンに関する確認は3項目 自治体通信Online > ・有人島間にドローンを用いた物流網を構築 #ドローン #空き家対策, ・これまで行ってきた空き家の調査にはコストと時間が大きくかかっている ・郵便局間輸送をドローンで行う ・3項目についてすべて可能であることを実証 ■事例⑤【作業の大幅効率化】真庭市(岡山県) ・項目①LTE回線で遠隔からドローンを制御。安全・正確に目的地に到着することができるか ・現状船舶で実施している離島への生活品等の配送をドローンで実施するための検証実験 ■事例⑦【ノリ養殖や稲作に活用】佐賀県, 平成27年に航空法が改正され、市区町村や民間がドローンを活用しやすい環境となりました。さらに、平成29年度の地方創生拠点整備交付金にて、近未来技術の活用を促したことからドローンを導入する自治体が増えています。, ドローンを利活用するうえで、いくつか注意すべき点があります。まず、平成27年施行の改正航空法で200グラム以上のドローンが規制対象となり、飛行禁止空域が決められている点です。, 該当する空域でドローンを飛行させるには、地方航空局長または空港事務所長から許可が必要です。ただし、屋内施設やネットで覆われた屋外であれば、許可を取らずにドローンを飛ばすことができます。, そのほかにも、例えば、日出から日没までに飛行させる等の法的ルールがありますが、国や地方公共団体が、事故・災害時にドローンを使う分には飛行方法のルールは適用されません。, ドローンは第2次安倍内閣による成長戦略「日本再興戦略」に続く新たな成長戦略ともなっています。平成29年6月に閣議決定された「未来投資戦略」では、ドローンは人や物の移動革命の手段だと考えられています。, 福島県は「福島イノベーション・コースト構想」をもとに進めているロボット分野のプロジェクトでドローンの実証実験を進めています。, 同構想は東日本大震災の被害にあった地域に新たな産業を生み出すことを目標とした取り組みで、ロボット分野のプロジェクトの一環としてドローンや災害対応ロボットの実証実験拠点「福島ロボットテストフィールド」の整備が進められています。, 平成30年7月には同テストフィールドの一部が開所し、それに先立つ平成29年1月には南相馬市で世界初の完全自律飛行ドローンの長距離荷物配送に成功しています。, 千葉市(千葉県)は市内の国家戦略特区で「ドローンによる宅配サービス 」の実証実験を繰り返し実施しています。2030年までに形にするのが目標です。, 平成28年4月と11月に実施した実証実験では、ドローンによる物資運搬や垂直飛行を成功させました。さらに、平成29年12月には飛行実験場「ドローンフィールド」を市内3カ所に開設し、民間企業向けに無料レンタルを行っています。, 農林業分野では農業振興会などの団体と連携し、野生鳥獣の生息状況や農作物被害などをドローンで調査しています。, 観光分野においては、ドローンで空撮映像を撮影し、あきる野市を紹介するコンテンツを数多く作っています。, こうした取り組みの結果、農作物の被害拡大を防いだり、あきる野市に興味を持つ人が増えたりするなどの効果がありました。, 横須賀市(神奈川県)はドローン産業集積推進事業に取り組んでおり、その一環として企業を対象にしたドローン研修を実施しています。, 真庭市(岡山県)では林業にICT(情報通信技術)を活用する目的で平成25年度からドローンを導入しています。, 具体的には、森林組合と市役所をネット回線「森林林業クラウド」でつなぎ、森林資源情報をシェアできるシステムをつくり、ドローンは森林を上空から撮影し、資源を監視する役割を果たしています。, ドローンを用いた結果、これまで時間がかかっていた作業が1分ほどの画面操作ですませられるようになりました。, 大分県はドローン産業の振興に注力しています。平成29年6月には大分県ドローン協議会を立ち上げ、セミナーの開催やドローン関連の開発サポートを行うなどの活動を実施しています。, 他にも、観光スポットをドローンなどで撮影して海外向け観光PR動画「Welcome Oita Wonders」をつくり、YouTubeなどで紹介しています。ドローンで撮影した写真や各エリアの祭り・風景もとに、16種類のポストカードデザインも制作しています。, 佐賀県では収量アップや品質向上を目的に、ドローンを活用したノリ養殖の実証実験を行っています。, ノリ養殖漁場の海面を空撮し、漁業関係者へ赤潮や病害を知らせることがドローンの主な役割です。その結果、問題発生時に以前よりも早く対処できるようになりました。, 佐賀県農業試験研究センターでは、ドローンを活用したことにより、水稲がウンカの被害にあう前に早期発見するなどの成果も上げています。, ・ビデオカメラを搭載したドローンを活用 ■事例①【世界初】福島県 ・東空運第2246号、 東空検第1050号 ・そのデータを猟友会等に提供 ・受粉用の溶液散布にあたり高度別の適切な散布量や散布幅を検証が目的 5月24日東京ビックサイトで行われた「自治体総合フェア2019」の出展者プレゼンテーションセミナー(株式会社オーイーシー)で香美町地域おこし協力隊の河田愛氏と株式会社ドローンエモーションの田口厚氏が登壇した。テーマは「ドローン×SNSの活用で地域の魅力を発信!」である。セミナーに加え河田氏へのインタビューも交えながらリポートする。 ・ドローンは車道側に出ないよう歩道側で街路樹を囲むように飛行させる, 白馬村(長野) ・街路樹、電線にムクドリが集まり、近隣住民から被害に係る相談が寄せられていた ・河川上空に特化したドローンの幹線空路の開設及び効率的かつ高度なロジスティクスの確立を目指す, 株式会社ゼンリン、KDDI株式会社、一般財団法人日本気象協会、株式会社プロドローン、東京海洋大学、株式会社三菱総合研究所、株式会社ニシザワ、菓子庵石川, 益田市(島根) ・河川上空域をドローンの目視外自律飛行ルートにし中心市街地と中山間地域を結ぶ新たな物流の仕組みを構築する事業 リモートセンシングを活用した空き家調査の効率化 ・山間部における無人航空機を活用した荷物配送(ドローン物流)の早期実用化に向けた実験 ・津波避難広報や避難状況の把握等、3項目の有用性について検証 ・農業用ドローンから水を高度別に複数回散布 ・目視外補助者有り飛行により実施 ・東空運第3520号、 東空検第1593号 ・発送側で物資をドローンに搭載し、荷受側に物資を輸送 ・物流用ドローンによる輸送の確実性、安全性、採算性の確保など実用化に向けた運用の仕組みづくりを目指す, KDDI株式会社、株式会社プロドローン、テラドローン株式会社、株式会社ゼンリン、伊那ケーブルテレビジョン株式会社, ・中山間地域における買い物弱者支援と地域経済の振興を図る目的   ・項目②医薬品の受け渡しに必要な本人確認を遠隔から実施できるか ・非効率な小口輸送を代替しCO2排出量の削減を目指す 平成27年に航空法が改正され、市区町村や民間がドローンを活用しやすい環境となりました。さらに、平成29年度の地方創生拠点整備交付金にて、近未来技術の活用を促したことからドローンを導入する自治体が増えています。 ドローンを利活用するうえで、いくつか注意すべき点があります。まず、平成27年施行の改正航空法で200グラム以上のドローンが規制対象となり、飛行禁止空域が決められている点です。 該当する空域で … ・院外処方を利用し、幅広い薬の選択肢の中から処方を行い、オンライン服薬指導を介して島を出ずに処方薬を受け取ることを可能とする 「Yahoo!防災速報」アプリおよび「Yahoo! 自治体職員を対象とした「ドローン操作体験会」を開催しました。 操作体験会では約40の 参加者が、ドローンの基 操作につい学び、実際 に操縦してみることで、行政分野におけるドローンの利活用について考える きっかけとなりました。 しかし、ドローン特区というものが設けられ、積極的にドローンを推進している自治体もあります。ドローン特区の中では、どのような取り組みが行われ、どのようにして利用が進んでいるのでしょうか。3つの自治体を見ていきましょう。 ・項目③ドローンに搭載した医薬品の振動、衝撃、傾斜に対する緩衝性、保温性を確保できるか, ・ドローンを活用した津波避難広報の実証実験 ・人工衛星による熱赤外画像等のリモートセンシングデータと当社が保有する空き家情報を、AI(人工知能)を活用して分析し空き家が多いエリアをリアルタイムに検出する技術を実証 ・INAドローンアクア・スカイウェイ事業 ・ニホンザルによる農作物被害等が多数生じている, ・ドローンを用いてムクドリの追払いの実証実験を実施 AIとドローンを活用した物資輸送と高齢者健康状態確認システムの社会実装, ・AIとドローンを活用した物資輸送と高齢者健康状態確認システムの社会実装 ・シカ・イノシシ等による農業被害が顕在化し猟師の高齢化やなり手の不足などにより有害鳥獣管理の効率化が求められている 国内のドローンビジネス市場は2024年度には5,073億円に達すると見られており、中でもドローンを活用した業務を提供するサービス市場は3,568億円と大幅な伸びが予想されています。その背景にはドローンを地方創生の足がかりとして活性化を目論む自治体の取り組みがあります。 ・空飛ぶデリバリーサービス構築事業 ■事例②【宅配サービス】千葉市(千葉県) ・目的は足場作成のコストや期間の削減と交通規制を最小限になることを明らかにする, ・ドローンによる安全な医薬品の搬送方法や受け渡し方法等について検証 ・ヘリコプターで実施している山荘への食料等の配送をドローンで実施するための検証実験 ■ドローン利活用の注意点とは 【目次】 ・荷受側におけるドローンの安全着陸、物資の荷受確認、荷受人の健康状態確認、荷受後のドローンの安全再離陸をドローンに搭載したカメラを含むセンサーとクラウド上のAIの連携により実現 ・過疎地の高齢者世帯などを対象に小型無人機「ドローン」を活用した商品配送を事業化を模索 ・従来の空き家調査方法では、東京都全体の調査となると数十億円の予算が必要となると考えられる 長野県伊那市主催の「ドローン・フェス in INA Valley 2017」が、10月18から21日にかけて開催された。同フェスでは、ドローン関連のシンポジウムやビジネスマッチング、子供向けドローン体 国交省・新着情報 海のドローン等の活用により、沿岸自治体の課題解決を目指します~海における次世代モビリティに関する産学官協議会(第2回)の開催~令和2年12月15日 国土交通省は12月17日(木)、「海における次世代モビリ q.自治体における「ドローン」の活用状況を教えてください。 前田 はい。多くの自治体でドローンを活用できないか、検討が始まっており、実証実験なども活発に行われています。 JAPAN」アプリ(共にiOS版、Android版)で「自治体からの緊急情報」機能を活用し、地域住民に向けて災害や新型コロナウイルス感染症などについての緊急情報を発信する自治体が1,000を突破した。 ・地震により交通が遮断した医療機関への緊急医薬品の搬送を想定 ・3項目についてすべて有用であると確認できた ・同様の空き家実態調査を行っている自治体からは「調査の費用が高額」「特定空き家になる前に迅速な問題解決が必要」「空き家が犯罪に使われることを防ぐ必要がある」など課題がある ■事例④【産業集積】横須賀市(神奈川県) ・項目②LTE通信を利用したドローンの複数台同時飛行 自治体や土地所有者(管理者)への許可申請; が必要になってきます。 1は航空法に定められた事項ですが、今回の「ドローンあるある」話は2番の許可申請のお話です。 マジメな人がよくハマル。 各地方自治体(島根県邑智郡美郷町、香川県小豆郡土庄町、福井県丹生郡越前町)と共同で、本年度中に離島・山間部におけるドローンを用いた複数拠点間輸送に関する実証実験の開始を目指すとしている。 ・片道9kmを15分で飛行, ・山間部等の過疎地域等において積載率の低い非効率な配送が行われている等といった物流の課題を解決する目的 ・建物におけるドローン撮影の3次元モデル化で成果が得られるのか検証 ・項目③自動音声による避難広報, ・現状自動車で実施している郵便局間の荷物配送をドローンで実施するための検証実験 近年注目を浴び始めたドローンですが、地方自治体が「ドローンを使った国際競争の強化および経済活動の拠点に」と掲げたのが、ドローン特区です。, では、そんなドローンに友好的な地方自治体はどこでしょうか?それぞれの特徴を踏まえてまとめてみました。, 引用:名目GDP600 兆円に向けた成長戦略(「日本再興戦略2016」の概要)【案】, あくまでドローン配送に着目した官民戦略プロジェクトの一部ですが、そもそも国主体で動くプロジェクトの中に、ドローンが入ることだけでも凄いことですね。, 特に地方創生特区に指定されている地域では、ドローンを利用した産業発展を主体としたドローン特区としてアクロバティックな活動をしています。, 仙台市の地方創生特区の力の入れようは、(情報発信という点で)ものすごいです。独自のWEBサイトを展開しているため、必然的にメディアの注目度も高まりそうです。, ドローン宅配をガッツリと推し進めているのが千葉県千葉市。何度かニュースになったこともあるので、ご存じの方は多いはずです。, 国が実現したい「3年以内にドローン配送」を、いち早く実現に向けて動いているのが千葉市です。, イオン、NTTドコモ、佐川急便、NEC、三井不動産、ウェザーニューズなど名だたる企業と協働して、2019年の下期からビジネス開始を目指しています。, 海上から河川に行く(比較的に)安全なルートで、距離は10km。完全自動操縦になるはずですし、飛行時間や荷物の重さなど様々なハードルがありそうです。, 高層マンションの同地区内ドローン配送はもとより、侵入者を感知するセキュリティーも実施するとのこと。, ドローン落下の恐れもあり、安全なのか安全ではないのか分かりませんが、映画で出てくるような未来的な話ですね。, これは過疎地域で思いっ切りドローンのチカラを発揮できそうなので、実現に向けて取り組んで欲しいですね。, ドローンの宅配に絞り込んで、とにかく実現しようとしている意気込みが凄い!ドローンの各展示会にも出展していますし、ドローン配送の本命自治体かもしれません。, 以前から気になっていたのが、徳島県にある那賀町(なかちょう)です。徳島県の山間に位置するのですが、まちぐるみで「ドローン推し」をしています。, 国ではなく、県が主体の地方創生特区としてキャッチフレーズの1つ「日本一ドローンが飛ぶ町に!」と宣言するのだから、とにかくドローンに関してのイベントを企画しています。, 町として、ここまで精力的にドローンを展開しているのは、きっと偉い方の素晴らしい英断だと思います。, 現場レベルの目線でドローン推進を図れるのは、他にない強みだと思います。応援したいですね!(一度、行ってみたいなぁ~), 地方自治体が積極手にドローン活用を進めると、よりドローンも身近な存在になるのではないでしょうか?, 日本各地、国が本腰を入れて進めていく、ドローン関連事業。あと数年で実現できるのかどうか、温かく見守り、そして応援したいです。, 広告やテレビ・企業PV・MV・イベントなどのPR分野専門にドローン撮影をおこなう。元クリエイターならではの「気持ちいい映像」を大切にしています。, 国土交通省より日本全国の人口集中地区・30m以内・目視外・夜間の飛行許可を取得済み, ・東空運第73号、 東空検第10号 ・ドライバー不足解消や、時間、コストの削減につながり、買い物難民になっている過疎地のお年寄りの救済策を検討 そんな中、ドローンの技術を新たな成長戦略として推進していきたい政府は、一部の自治体と協力して「ドローン特区」と呼ばれる特別な区域を制定しました。 今回は、ドローン特区とは何か、どんなことが行われているのか実例をもとにご紹介します。 ・項目①監視カメラや気象センサーによる離着陸条件の事前監視 1 ドローンは国家成長戦略の1つに。 1.1 国家戦略特区(地方創生特区)などドローンに積極的な地方自治体 2 仙台市×ドローン 3 千葉県千葉市×ドローン 両自治体とは前例のないなかで協力してもらえた縁で、現在も同社のプロモーション素材の空撮などで交流があるという。 2019年には駒ヶ根市(長野県)と長瀞町(埼玉県)の協力のもと、「ドローン空撮ツアー」を展開。 ・片道5kmを10分で飛行, ANAホールディングス株式会社、株式会社自律制御システム研究所、株式会社NTTドコモ, ・離島間無人ドローン物流の実証 1つ目はアバター技術です。これは、例えば「遠隔地の会議室や室内にいながらにして、加賀市で海釣りを体験できるような技術」です。VR(仮想現実)やIoT、AIなどの技術を駆使することによって、その土地でしか体験できない活動やアクティビティをまるでその場で行っているかのように体験できる技術です。 そして、アバター技術を含む最新の技術を活用し加賀市の活性化を推進していくために、2019年5月、イノベーション推 … 企業や自治体で進むドローン活用。「空の産業革命」の現在とこれから。lifull home's pressは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【lifull home's press/ライフルホームズ … ・ドローン物流においては、昨年度五島市福江島から赤島、黄島へ計20日間実施した取り組みをさらに発展させ、嵯峨島に初めて実際の処方薬を搭載して貝津港~嵯峨島間(約5km)の運航を行う計画 ・サービスの継続には安全性と経済性を兼ね備えた新たな仕組みの構築が不可欠, 株式会社ドローンクリエイト、ミツイワ株式会社、株式会社セベック、一般社団法人日本UAV利用促進協議会、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社, ・ドローンを活用した有害動物検知実験 ・海上におけるドローンを用いた補助者なし目視外飛行の検証を実施 ・遠隔医療と同時に、五島市立嵯峨島小中学校の保健室から同校学校医である三井楽診療所の医師にタブレット端末のテレビ電話を介して児童の健康について相談するオンライン受診相談を行う体制を構築し同期間中に実証を行う, 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科、ANAホールディングス株式会社、株式会社NTTドコモ九州支社、avatarin株式会社、株式会社自律制御システム研究所、メトロウェザー株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社, ・ドローン物流社会実装のための実証実験 ・東空運第10140号、東空検第4487号, 株式会社ドローンエンタープライズ代表取締役。ドローン撮影専門に企業PV、広告、テレビ、映画、イベントなど多数の撮影を手掛ける。元クリエイターとしてパブリックリレーションズ分野が得意。大手企業の撮影から街の商店の撮影まで幅広く撮影業務をおこなう。, © 2020 Drone Enterprise inc. - All Rights Reserved, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 【HS175レビュー】高機能&格安な198gドローン!GPS・ポジショニング・バッテリー3つ付き, 静岡県 ・・・ 無人ヘリコプターの利用電波帯の拡大、無人ヘリコプター用農薬の転用登録の緩和措置, 広島県 ・・・ ドローンの電波法出力範囲の拡大、ドローンの道路法上の使用許可基準緩和, 高知県 ・・・ ドローンによる中山間地域の配送効率化、ドローンによる医薬品の配送許可. ・「過疎地域等における小型無人機を使用した配送実用化推進事業」を実施 ・ドローンを活用した物流困難地域への配送実装などを目指した取組 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(以下EDAC)は、12月10日(木)、13日(日)に、EDACシンポジウム 2020 ONLINE 第二回「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」を開催する。講演プログラムは両日程とも同じ内容で、18の講演が予定されている。 ・当該宅配事業は配達範囲の広さや確認作業の負担から多大な労力とコストが発生 ■事例⑥【産業振興】大分県 ・住民サービスの観点から離島部の利便性の向上を目指し、有人島間の物流の将来にドローン物流の実運用と市内雇用の創出を目指す事業, ANAホールディングス株式会社、株式会社自律制御システム研究所、株式会社NTTドコモ、株式会社プロダクションナップ, ・ドローン物流を用いた処方薬配送、アバターロボット等を患者-医師間のコミュニケーションに活用したオンライン診療など、将来の離島地域等の住民の生活を支える新しい地域医療体制を構築し4か月間の実証運用を実施 ドローンは主に地方からそのような活用が始まっています。南小国町以外にも日本全国でさまざまな試みが立ちあがっておりますし、本日ご登壇いただく皆様はそれぞれの具体的な、かつ先進的な事例・技術をお持ちです。 ・地域の中で空き家となっている住宅について、その状態や数などの実態を効率的に調査 ・政府初の貨物輸送実験を実施, ・物流課題の解決や市民生活の質の向上を目的 スマート農業に参入にするにあたって、最も心配なのは初期費用ではないでしょうか。その後のコストパフォーマンスが優れているからといって、ドローンなどの初期導入費用はバカになりませんよね。実は、国や自治体などによって、スマート […] ・有害鳥獣管理の効率化を図ることを目的 ・赤外線カメラを搭載したドローンを用いた実験で複数の動物の生息が確認された, スウィフト・エックスアイ株式会社、株式会社Future Dimension Drone Institute, ・過疎地高齢者へのドローン宅配サービスの実証実験 ・ニホンザルの天敵動物である猛禽類の鳴声を発する「ドローン」を活用 ・東空運第8956号、東空検第4017号 ■ 過疎地域等における小型無人航空機(ドローン)を活用した荷物配送の検証, ・山間部等の過疎地域等において積載率の低い非効率な配送が行われている等といった物流の課題 なお、自治体が運営主体となってドローン配送事業の本格運用を開始するのは、日本で初めての取り組みです(注) <サービス概要> 配送用ドローンは、kddiのモバイル通信ネットワークに対応し、目視外自律飛行、遠隔監視制御が可能なスマートドローンです。 ・受粉用の溶液等の散布物に係る高度別の適切な散布量及び適切な散布範囲について検証, 東京都 ・山間部における「ドローンハイウェイ」を活用した荷物配送の早期実用化に向けた実験, ・ドローンを活用した建物劣化の確認可否の検証 近年、災害時の情報収集ツールとしてドローンに期待する声をよく聞く。台風15号でも、自治体にドローンを活用する体制が整っていれば被害の把握や地域への情報発信などに役立っただろう。しかし、体制の構築に向けて克服すべき課題は多い。 ・仙台市から宮城県医薬品卸組合へ医薬品の搬送を依頼した想定で、組合が保管する医薬品をドローンで西仙台病院へ配送 災害救助のために全国の消防・警察に導入が進むドローン。実際のところ、ドローンの何が救助活動に有効で、何が出来ないのでしょうか?市街地火災、水難事故、森林・林野火災、山岳救助、大規模広域災害それぞれでのドローンの有用性について紹介していきます。 ・ドローンを用いて広域でシカやイノシシの分布状況・移動傾向などの情報を収集 実証実験などの事例などから、そのポイントを探りました。 人口集中地区から沖合16kmにある離島への長距離海上配送、統合脅威管理によるドローン飛行情報の見える化を行う, ciRobotics 株式会社、モバイルクリエイト株式会社、株式会社NTTドコモ 九州支社、株式会社NTTデータ九州、ANAホールディングス株式会社、エスティケイテクノロジー株式会社, ※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。, 自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。 ・全体の目視確認が難しい体育館の屋根及び外壁上部をドローンを活用し撮影 ・二次離島地域住民の生活利便性を向上することを目指したドローンによる物流の実証を実施 ・初診・再診問わず患者が嵯峨島出張診療所を訪れ、三井楽診療所の医師および五島中央病院に勤務する一部の医師のオンライン診療を毎週月曜日~金曜日の日中の指定した時間帯に受けることが可能 自治体の担当者を対象に小型無人機、ドローンなどを使った道路施設点検の講習会が山梨県身延町で行われました。橋やトンネルなどの道路施設は5年に1度、近接目視による点検が義務付けられていますが、自治体に技術者が少ないことが課題となっています。 一般社団法人EDACが主催する、EDACシンポジウム 2020 ONLINE 第二回「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」が、2020年12月10日(木)及び12月13日(日)に開催されました。